注射だけでできる美容整形

注射

手軽にコンプレックス解消

メスを使わないで簡単に顔立ちを整えたり、体系をスリムにしたりできる美容整形が「ヒアルロン酸注射」や「脂肪溶解注射」などの注射系のプチ整形です。ヒアルロン酸注射は、皮膚や骨などを作っている物質のひとつ「ヒアルロン酸」を皮下組織に注入し、パーツや輪郭を整える施術です。ヒアルロン酸注射を注入して鼻を高くすれば、外国人のようにほりの深い顔立ちになり、小顔効果も得られます。頬に注入すれば痩せこけた頬をふっくらさせることができて、老け顔を改善できます。また、口元にできたほうれい線をなくしたり、目の下にできたゴルゴラインやたるみをなくすこともできます。脂肪吸引をしなくてもパーツ痩せできるプチ整形が、脂肪溶解注射(メソセラピー)です。脂肪溶解注射は、切開しないで余分についた脂肪を取り除くことができる最新の切らない脂肪吸引です。注入する薬液には脂肪の代謝を上げる効果があり、運動をしなくても脂肪が燃焼されてなくなっていきます。薬液を注入したエリアにだけ効果があるので、二の腕だけ細くしたり、おなか周りだけ細くしたりできます。切らないのでノーダウンタイムで、注射をしたあとは普段と変わらないいつも通りの生活ができます。

安全性と効果

ヒアルロン酸注射も脂肪溶解注射も皮膚に注射を打つだけなので、ほとんど副作用がなく安全なプチ整形です。注射を打つ前に局所麻酔をしておけば注射により痛みもなく、まったく無痛で施術が終わります。ヒアルロン酸注射は最近よく聞くようになったプチ整形ですが、関節治療の分野では長い間用いられているので安全性が証明されています。それにヒアルロン酸は体内にある物質なので、動物のコラーゲンを使ったコラーゲン注射のように事前にテストをする必要がなく、拒絶反応がおこるリスクはゼロです。脂肪溶解注射は50年以上前にフランスで生まれた疾患を治療するための注射です。大豆レシチンからとった成分でできていて、自然素材からできているので体に無害です。今では世界19か国以上で安全な治療として認可されています。脂肪溶解注射は数週間かけてじわじわ痩せていくのが特徴です。その辺が一気に痩せる脂肪吸引とは違うところです。時間をかけてゆっくりサイズダウンしていくので、体に負担がかからず、脂肪が凸凹になったり皮膚がたるんで余ったりするような後遺症も皆無です。代謝がよくなるので、ダイエットと脂肪溶解注射を併用すると運動の効果が高まります。